【111I59】Wolff-Chaikoff効果(ウォルフチャイコフ効果)とは?

Wolff-Chaikoff効果

第111回の医師国家試験で初登場

【111I59】で初めてWolff-Chaikoff効果(ウォルフチャイコフ効果)に関する出題がありました。

111I59
52歳の女性。生来健康であったが、1週間前の健康診断でコレステロール高値と甲状腺腫とを指摘され来院した。「1か月前に郷里の親戚が昆布を大量に送ってきたので毎日沢山食べていた」とのことである。

予想される検査所見はどれか。
a CK低値
b FT4低値
c TSH低値
d TRAb陽性
e 抗TPO抗体と抗サイログロブリン抗体がともに陰性

解答: b

スポンサーリンク

これはWolff-Chaikoff効果(ウォルフチャイコフ効果)によるものです。

Wolff-Chaikoff効果(ウォルフチャイコフ効果)とは・・・

ヨードは甲状腺ホルモンの材料ですが,過剰に摂取すると甲状腺内のヨード有機化が抑制され, 甲状腺ホルモン合成低下します。すなわち一時的に甲状腺機能低下症様になります。

しかしこの現象が長く続くことはなく,エスケープ現象と呼ばれる適応現象のため実際には甲状腺機能低下症にはなりません。

ただし、橋本病は40〜50代の女性に多くみられるが,橋本病患者では過剰なヨードによる甲状腺機能の抑制は遷延化しやすいことがあります。(考えてみれば、慢性甲状腺炎だからそもそも甲状腺機能はよくせいされつつあるんだよな。)

以上、第111回医師国家試験の新出問題でした。

sponsored link
レクタングル大
トップへ戻る